データベーススペシャリスト 平成21年春期 午前U 問8

午前U 問8

和両立である関係RとSがある。R∩Sと等しいものはどれか。ここで,−は差演算,∩は共通集合演算を表す。
  • R−(R−S)
  • R−(S−R)
  • (R−S)−(S−R)
  • S−(R−S)
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H29春期 問12

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

和両立(union compatible)とは、2つの関係において、次数(属性数/列数)が等しく、対応する属性同士のドメイン(値の型・範囲)が等しく、2つの関係の型が適合している様子をいいます。次の例は和両立である2つの関係です。
08_1.gif/image-size:468×158
集合演算のうち和・差・共通は、2つの関係が和両立であることが前提となっています。

R∩Sをベン図で表すと以下の集合になるため、選択肢の集合演算の中で結果が同じになるものを探します。
08_2.gif/image-size:484×121
  • 08a.gif/image-size:484×121
    結果がR∩Sと同じになるため正解です。
  • 08i.gif/image-size:484×121
  • 08u.gif/image-size:484×121
  • 08e.gif/image-size:484×121
© 2016-2018 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop