データベーススペシャリスト 平成21年春期 午前U 問7

午前U 問7

次のSQL文の実行結果の説明として,適切なものはどれか。
07.gif/image-size:235×107
  • 8823のユーザは,所在地が"東京"の行を参照できるようになる。
  • このビューの作成者はこのビューに対するSELECT権限をもたない。
  • 実表"取引先"が削除されても,このビューに対するユーザの権限は残る。
  • 導出表"東京取引先"には,8823行までを記録できる。

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

GRANT文は、1人または複数のユーザに表などのオブジェクトに関する特定の権限を付与するSQL文です。
GRANT 権限名 ON オブジェクト名
    TO { ユーザ名 | ロール名 | PUBLIC }
    [ WITH GRANT OPTION ] ;
設問のGRANT文は、"8823"のユーザに対してビュー"東京取引先"に対するSELECT権限(参照・検索権限)を与えるという意味になります。ビュー"東京取引先"は実表"取引先"から所在地の値が東京である行を抽出したものなので、"8823"のユーザはビュー"東京取引先"を参照することで、所在地が東京の行を参照できるようになります。

したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • ビューの作成者(所有者)となるには、作成するビューの基となる全ての実表またはビューに対する行の選択、挿入、更新または削除の権限が必要です。ビューの作成者には、元の表に対してそのビューの作成者が持っているすべての権限が自動的に付与されます。したがってビューの作成者はSELECT権限を持ちます。
  • 実表が削除された場合、それを参照しているビューも強制的に削除されます。実表やビューが削除されると同時にその資源に対する権限も削除されます。
  • 8823は行数ではなく、権限の付与対象となるユーザ名を表しています。また一般に1つの表・ビューに含まれるレコード数を制限するような機能はDBMSにはありません。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop