データベーススペシャリスト令和3年秋期 午前U 問3

午前U 問3

関係R(A,B,C)の候補キーが{A,B}と{A,C} であり,{A,B}→C及びC→Bの関数従属性があるとき,関係Rはどこまでの正規形の条件を満足しているか。
  • 第1正規形
  • 第2正規形
  • 第3正規形
  • ボイス・コッド正規形

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

各正規形は以下の条件を満たします。
第1正規形
すべての属性値が単一値である
第2正規形
第1正規形を満たし、かつ、主キーの一部に関数従属する非キー属性が存在しない
第3正規形
第2正規形を満たし、かつ、主キーの一部に推移的に関数従属する非キー属性が存在しない
ボイス・コッド正規形
第3正規形を満たし、かつ、すべての非キー属性が主キーに完全関数従属していて、他に完全関数従属関係がない
関係Rには部分従属性も推移的関数従属性もないので第3正規形の条件を満たしていますが、非キー属性Cからキー属性Bへの関数従属性があるのでボイス・コッド正規形の条件を満たしません。したがって、関係Rは第3正規形ということになります。

関係Rをボイス・コッド正規形にすると、関係(AC)と関係(C,B)の2つに分解されます。これにより更新時異状を防ぐことができます。
© 2016-2022 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop