データベーススペシャリスト平成31年春期 午前U 問23

午前U 問23

Webシステムの負荷分散技術の一つである,ロードバランサ方式の特徴として,最も適切なものはどれか。
  • Webブラウザのキャッシュ機能によって負荷が均等に分散しない場合がある。
  • 接続されたサーバの死活状態をロードバランサは考慮せずに選択する。
  • 複数のサーバそれぞれにグローバルIPアドレスの固定割当てが必要になる。
  • ヘルスチェックに失敗しているサーバをロードバランサは選択しない。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

  • Webブラウザのキャッシュは、以前に取得したコンテンツをWebシステムへのアクセスなしに再使用する仕組みです。Webシステムへのアクセスは発生しないので負荷分散とは無関係です。
  • ロードバランサは、振分け先サーバの死活監視(ヘルスチェック)を常時行っています。サーバの障害を検出した場合には、自動的に当該サーバを振分け対象から除外します。
  • ロードバランサを使用したWebシステムでは、外部からのアクセスを一度ロードバランサに集め、ロードバランサがクライアント情報をもとに適切なサーバに振り分けることになります。このためグローバルIPアドレスはロードバランサに設定します。
    外部からWebサーバに直接アクセスすることはないので、サーバはプライベートIPアドレスでも問題ありません。
  • 正しい。ヘルスチェックとは、ロードバランサ等がサーバの稼働状態をチェックすることです。定期的にICMP echoやTCPコネクション要求又はHTTPリクエストを送信し、適切な応答が返ってくるかどうかでサーバの稼働状態を確認します。
    ヘルスチェックに失敗(サーバから反応が返ってこない)場合は、サーバに障害が発生したと判断して、そのサーバへの振分けを止めます。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop