データベーススペシャリスト平成31年春期 午前U 問24

午前U 問24

SOAにおいて,異なるアプリケーションソフトウェアやコンポーネントの間でのデータのやり取りを行うために,データ形式の変換,データの振り分け,非同期連携などの機能を実現するものはどれか。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

  • Business Process Execution Languageの略。複数のWebサービスを呼出し、実行する手順を結び合わせて一連の複雑なビジネスプロセスとして記述するための言語です。
  • Business Process Modeling Notationの略で、ビジネスプロセスモデリング表記法のこと。ビジネスプロセスをワークフローとして視覚的に表現するための手法です。11個の基本要素を用いた統一的な表記法を用いることで関係者間の隔たりを埋めることを目的としています。
  • 正しい。ESB(Enterprise Service Bus)は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を支えるミドルウェアで、SOAのサービスコンポーネント同士をバス型のトポロジーで接続します。ESBは、内部で様々な形式やプロトロルのメッセージの相互変換、データのルーティング、非同期連携などを行い、様々なアプリケーションの統合を支援します。
  • Simple Object Access Protocolの略。ソフトウェア同士がメッセージを交換する遠隔手続き呼び出し(RPC)のためのプロトコルです。汎用なデータ形式であるXMLに基づいて記述されます。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop