データベーススペシャリスト 平成30年春期 午前T 問18

午前T 問18

プロジェクトマネジメントにおけるスコープコントロールの活動はどれか。
  • 開発ツールの新機能の教育が不十分と分かったので,開発ツールの教育期間を2日間延長した。
  • 要件定義完了時に再見積りをしたところ,当初見積もった開発コストを超過することが判明したので,追加予算を確保した。
  • 連携する計画であった外部システムのリリースが延期になったので,この外部システムとの連携に関わる作業は別プロジェクトで実施することにした。
  • 割り当てたテスト担当者が期待した成果を出せなかったので,経験豊富なテスト担当者と交代した。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成30年春期 問51と同題

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » スコープマネジメント

正解

解説

プロジェクトにおけるスコープとは、プロジェクトの成果物及び成果物を作成するために行わなければならない全作業を定義したものです。スコープコントロールは、プロジェクトを実行している間、プロジェクトスコープと成果物スコープの状況を監視し、スコープの差異や変更が、WBSやスコープ記述書に適切に反映されるように管理するプロセスです。

「ウ」の事例では、元々スコープ内であった作業をスコープ外に変更しているので、スコープコントロールの活動であると判断できます。よって「ウ」が正解です。
  • スケジュールコントロールの活動です。
  • コストコントロールの活動です。
  • 正しい。スコープコントロールの活動です。
  • プロジェクトチームマネジメントの活動です。
© 2016-2018 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop