データベーススペシャリスト平成28年春期 午前U 問12

午前U 問12

関係代数における直積に関する記述として,適切なものはどれか。
  • ある属性の値を条件に付加し,その条件を満たす全てのタプルの集合である。
  • ある一つの関係の指定された属性だけを残して,ほかの属性を取り去って得られる属性の集合である。
  • 二つの関係における,あらかじめ指定されている二つの属性の2項関係を満たす全てのタプルの組合せの集合である。
  • 二つの関係における,全てのタプルの組合せの集合である。
  • [この問題の出題歴]
  • データベース R2秋期 問9
  • データベース H16春期 問25
  • データベース H18春期 問24
  • データベース H20春期 問27

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

直積は、2つの関係(表)に含まれる要素のすべての組合せを得る集合演算です。直積で得られる集合のタプル数は、両方の関係のタプル数の積になります(下の例でいえば3×2=6)。
09.gif/image-size:303×31
  • 条件を指定し表から行(タプル)を抽出する"選択"の説明です。
  • 表から指定した列(属性)だけを抽出する"射影"の説明です。
  • "結合"の説明です。
  • 正しい。"直積"の説明です。
© 2016-2022 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop