データベーススペシャリスト 平成23年特別 午前U 問9

午前U 問9

関係Rと関係Sから,関係代数演算R÷Sで得られるものはどれか。ここで,÷は商の演算を表す。
09.gif/image-size:357×131
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H19春期 問28

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

商演算は、関係Rのうち関係Sの全ての項目を含む行の集合を返す演算です。下の例で言えば、左表に含まれる組のうち右表のA(1,3)の両方をもつのは(a,x)と(a,y)の組なので、この2つの行が抽出されます。
09_1.gif/image-size:442×211
設問の関係演算では、関係Rの組のうち関係Sの組(a,1)と(b,2)の両方をもつのは、属性Zの値が"甲"である組なので結果は「エ」になります。
09_2.gif/image-size:422×116
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop