データベーススペシャリスト 平成23年特別 午前U 問10

午前U 問10

関係データモデルにおいて属性A,Bを考える。属性Aのドメイン(定義域)はm個の要素から成る集合であり,属性Bのドメインはn個の要素から成る集合であるとする。このとき,関係RをR(A,B)とすると,Rには最大何個のタプルがあるか。
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H17春期 問30

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

属性Aの各要素を(A1,A2,A3,A4)、属性Bの各要素を(B1,B2,B3)と仮定すると、関係R(A,B)には各々の要素同士の組合せを全て網羅した以下の12個のタプル(組)が存在し得ます。
  • (A1,B1)、(A1,B2)、(A1,B3)
  • (A2,B1)、(A2,B2)、(A2,B3)
  • (A3,B1)、(A3,B2)、(A3,B3)
  • (A4,B1)、(A4,B2)、(A4,B3)
この12という数字は、属性Aに含まれる要素数(4)と属性Bに含まれる要素数(3)の積になっています。したがって属性Aの要素数がm個、属性Bの要素数がn個の場合には、関係Rに含まれるタプル数は最大でmn(m×n)個になります。以上から「エ」が適切な式とわかります。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop