データベーススペシャリスト 平成23年特別 午前U 問4

午前U 問4

次のオブジェクト図(インスタンスを表す図)に対応する概念データモデルはどれか。ここで,オブジェクト図及び概念データモデルの表記にはUMLを用いる。
04.gif/image-size:347×149

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

それぞれのインスタンス同士の関連に分けて考えます。

まず"地域"と"仕入先"の多重度ですが、以下のように1つの"地域"に1つ以上の"仕入先"が対応しているため「1対多(1 *)」になります。"地域"から見た"仕入先"は1つ以上、"仕入先"から見た"地域"は常に1つと考えることもできます。
04_1.gif/image-size:179×134
次に"仕入先"と"仕入"の多重度ですが、これも先程と同様に1つの"仕入先"に1つ以上の"仕入"が対応しているため「1対多(1 *)」になります。
04_2.gif/image-size:179×210
最後に"仕入"と"部品"の多重度ですが、1つの"部品"が複数の"仕入"に対応しているため多重度は「多対1(* 1)」になります。
04_3.gif/image-size:178×209
これら3つの多重度の関係を適切に表現している概念データモデルは「イ」です。
04i.gif/image-size:287×22
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop