データベーススペシャリスト 平成22年春期 午前U 問3

午前U 問3

R表に,(A,B)の2列で一意にする制約(UNIQUE制約)が定義されているとき,R表に対するSQL文でこの制約に違反するものはどれか。ここで,R表には主キーの定義がなく,また,全ての列は値が決まっていない場合(NULL)もあるものとする。
03.gif/image-size:281×118

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

UNIQUE制約(一意性制約)は、データベースにデータを追加したり更新する際に、列や列のグループの値が表内のすべての行で一意となるように要求する制約です。なおUNIQUE制約は、NULL値を許容するという点で主キー制約と異なります。

この問題では(A,B)の2列の組合せが表内で一意となっていることが要求されています。それぞれのSQL文を実行した結果を考えてみましょう。
  • Aが'AA01' かつ Bが'BB02'の行、つまり一番上の行を削除するSQL文です。
    03_a.gif/image-size:299×90
    結果にはUNIQUE制約に違反している行はありません。
  • 表に('AA01',NULL,'DD01','EE01')の行を挿入するSQL文です。
    03_i.gif/image-size:299×133
    結果にはUNIQUE制約に違反している行はありません。
  • 表に(NULL, NULL,'AA01','BB02')の行を挿入するSQL文です。
    03_u.gif/image-size:299×133
    結果にはUNIQUE制約に違反している行はありません。
  • Aが'AA01'のレコードである行のAの値を'AA02'に更新するSQL文です。
    03_e.gif/image-size:299×112
    更新によってAが'AA02'、Bが'BB01'の行が1,3行目の重複して現れることになるので、この操作はUNIQUE制約に違反しています。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop