データベーススペシャリスト令和5年秋期 午前T 問6

問6

プリエンプティブな優先度ベースのスケジューリングで実行する二つの周期タスクA及びBがある。タスクBが周期内に処理を完了できるタスクA及びBの最大実行時間及び周期の組合せはどれか。ここで,タスクAの方がタスクBより優先度が高く,かつ,タスクAとBの共有資源はなく,タスク切替え時間は考慮しないものとする。また,時間及び周期の単位はミリ秒とする。
  • am1/17a.gif/image-size:227×103
  • am1/17i.gif/image-size:228×104
  • am1/17u.gif/image-size:228×104
  • am1/17e.gif/image-size:228×105
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和5年秋期 問17と同題

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

優先度ベースのスケジューリングであり、優先度はタスクAがタスクBよりも高いので、タスクBの処理は、タスクAの処理が進行していない時間に挿入されることになります。図を描いてみるとわかりやすいです。
  • 正しい。タスクAの隙間でタスクBを実行していくと、7ミリ秒でタスクBを完了できます。よって、8ミリ秒の周期内で完了できます。
    am1/17_1.gif/image-size:496×106
  • タスクBの4ミリ秒の処理を完了するのに10ミリ秒を要します。よって、9ミリ秒の周期に収まりません。
    am1/17_2.gif/image-size:496×105
  • タスクBの5ミリ秒の処理を完了するのに14ミリ秒を要します。よって、13ミリ秒の周期に収まりません。
    am1/17_3.gif/image-size:496×106
  • タスクBの5ミリ秒の処理を完了するのに17ミリ秒を要します。よって、15ミリ秒の周期に収まりません。
    am1/17_4.gif/image-size:496×105
© 2016-2024 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop