データベーススペシャリスト平成31年春期 午前U 問8

午前U 問8

第3正規形において存在する可能性のある関数従属はどれか。
  • 候補キーから繰返し属性への関数従属
  • 候補キーの真部分集合から他の候補キーの真部分集合への関数従属
  • 候補キーの真部分集合から非キー属性への関数従属
  • 非キー属性から他の非キー属性への関数従属
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H26春期 問6

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

関係データベースの正規化は次のように段階的に行います。
第1正規化
繰り返し項目をなくす。
第2正規化
主キーの一部によって一意に決まる項目を別表に移す。
第3正規化
主キー以外の項目(非キー属性)によって一意に決まる項目を別表に移す。
ボイスコッド正規化
非キー属性からキー属性の一部への関係従属性を別表に移す。ボイスコッド正規形では第3正規形までの関数従属性が保たれない。
08_1.gif/image-size:346×353
第4正規化
3つ以上の属性を組み合わせた複合主キーのみから成る表で2つ以上の多値従属性がある場合、これを別表に移す。
08_2.gif/image-size:446×378
第5正規化
n個(n≧3)の属性を組み合わせた複合主キー属性のみから成る表で、情報無損失のままn個の表に分解する。第5正規形では第4正規形までの多値従属性が保たれない。
08_3.gif/image-size:557×304
  • 繰返し属性は、非正規形から第1正規形への変換で排除されます。
  • 正しい。第3正規形では、主キー以外の候補キーの一部から主キー属性の一部への関数従属が残されています。上記の例で言えば、ボイスコッド正規形にする前の表の{先生}→{講座}がこれに当たります。
  • キー属性の一部から非キー属性への関数従属性は、第1正規形から第2正規形への変換で排除されます。
  • 非キー属性から他の非キー属性への関数従属性は、第2正規形から第3正規形への変換で排除されます。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop