データベーススペシャリスト平成30年春期 午前U 問12

午前U 問12

導出表に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 算術演算によって得られた属性の組である。
  • 実表を冗長にして利用しやすくする。
  • 導出表は名前をもつことができない。
  • ビューは導出表の一つの形態である。

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

導出表は、1つ以上の基礎となる実表(DBに実データを持つ表)から関係演算・集合演算といったSQL問合せによって作成される仮想的な表全般を指します。SELECT文で得られる結果の他にも、GROUP BY句やWITH句を処理する際に内部的に作られる一時的な表も導出表の1つです。ビューは導出表の一つの形態であり、導出表に名前を付けて実表と同じように参照(条件次第では更新も)できるようにしたものです。

導出表は実データを持たず、参照・更新要求の度に、実表に関係演算・集合演算を行って作り出されています。
  • 導出表を得る演算は関係演算又は集合演算です。
  • 利用しやすくするという点はあっていますが、実表のコピーではありません。DBMSは、導出表への閲覧・更新要求の度に実表にSQL問合せを行って導出表を得ています。
  • CREATE VIEW文を使うと導出表に命名したビューを定義することができます。ビューは、その定義のみがDD(データディクショナリ)に記録されており、実データを持ちません。
  • 正しい。ビューとは名前を付けた導出表のことです。
© 2016-2021 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop