データベーススペシャリスト 平成29年春期 午前T 問19

午前T 問19

PMBOKガイド第5版によれば,定量的リスク分析で実施することはどれか。
  • 特定したリスクがプロジェクト目標全体に与える影響を数量的に分析する。
  • 特定したリスクの発生確率や影響度を評価してリスクに優先順位を付ける。
  • 特定したリスクへの対応計画を策定する。
  • プロジェクトに影響を与える可能性があるリスクを洗い出す。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成29年春期 問53と同題

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » リスクマネジメント

正解

解説

PMBOKガイド第5版によれば、リスクマネジメント計画の策定は、「リスク特定」→「定性的リスク分析」→「定量的リスク分析」→「リスク対応計画」の手順で行われます。

定量的リスク分析は、特定されたリスクを数量的に算定し、プロジェクト全体に与える影響を分析するプロセスです。分析ツールとして、感度分析、トルネード図、期待金額価値分析、モンテカルロ法などが用いられます。

したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。定量的リスク分析での実施事項です。
  • 定性的リスク分析での実施事項です。
  • リスク対応計画での実施事項です。
  • リスク特定での実施事項です。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop