データベーススペシャリスト 平成28年春期 午前U 問3

午前U 問3

関係R(A,B,C)において,関数従属 A→B,B→C が成立するとき,導けない関数従属はどれか。
  • {A,B,C} → {A,B}
  • {A,C} → {A,B}
  • {A,C} → {A,B,C}
  • {B,C} → {A,C}

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

  • {A,B}は{A,B,C}の部分集合なので反射律によって関数従属が成立します。
  • {A,C}内の属性を用いて、それぞれ A→A,A→Bというように導けます。
  • {A,C}内の属性を用いて、それぞれ A→A,A→B,C→C と導けます。
  • 正しい。関数従属が導けません。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop