データベーススペシャリスト 平成27年春期 午前U 問5

午前U 問5

DBMSが取得するログに関する記述として,適切なものはどれか。
  • トランザクションの取消しに備えて,データベースの更新されたページに対する更新後情報を取得する。
  • 媒体障害からの復旧に備えて,データベースの更新されたページに対する更新前情報を取得する。
  • ロールバック後のトランザクション再実行に備えて,データベースの更新されたページに対する更新後情報を取得する。
  • ロールフォワードに備えて,データベースの更新されたページに対する更新後情報を取得する。
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H21春期 問3
  • データベース H29春期 問6

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

  • トランザクションが取り消されるとロールバックが行われます。この際、データベースをトランザクション開始前の状態に戻すために更新前情報が使用されます。したがって誤りです。
  • 媒体障害が発生した場合は、新しい媒体にバックアップファイルを適用した後、更新後情報を使用してデータベースにトランザクションの更新内容を反映することで障害発生直前の状態に回復させます。したがって誤りです。
  • トランザクションの再実行が、ロールバックされたトランザクションのログを使用して行われることはないため誤りです。
  • 正しい。ロールフォワードは、前進復帰と訳されシステム障害・媒体障害が起こったときに行われる回復処理です。更新後情報を用いて今まで処理したトランザクションを再現しデータベース情報を障害直前状態まで復帰させます。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop