データベーススペシャリスト 平成27年春期 午前U 問19

午前U 問19

業務系のデータベースから抽出したデータをデータウェアハウスに格納するために,整合されたデータ属性やコード体系などに合うように変換及び修正を行う処理はどれか。
  • クラスタリング
  • スライシング
  • ダイシング
  • データクレンジング
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H24春期 問20

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース応用

正解

解説

データウェアハウスを構築する際に使用される元データは、仕様の異なる様々なシステムに蓄積されていた形式がバラバラなデータ群であり、このままではデータマイニングなどの解析で使用することができません。

この生データを解析で使用できるようにするために行われるのが、データクレンジング(=洗浄)です。データクレンジングの作業で、データ形式の統一、欠損値の補完、単位の統一、異常値の処理などの処理をされたデータによってデータウェアハウスは構築されます。
  • クラスタリングは、多数のコンピュータ連動させることで1つの大きなコンピュータとして利用できるように接続することです。
  • スライシングは、多次元データベースをある断面で切り取って2次元の表にする操作です。
  • ダイシングは、多次元データベースの中から縦軸と横軸を指定して2次元の表にする操作です。
  • 正しい。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop