データベーススペシャリスト 平成25年春期 午前U 問11

午前U 問11

三つの表"取引先"表,"商品"表,"注文"表を基底表とするビュー"注文123"を操作するSQL文のうち,実行できるものはどれか。ここで,各表の列のうち下線のあるものを主キーとする。
11_1.gif/image-size:445×231
11_2.gif/image-size:339×131
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H23特別 問8

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

ビュー"注文123"は、"注文"表と"取引先"表を取引先IDで、"注文"表と"商品"表を商品番号で結合した後、商品番号が123の行の注文番号、取引先名、数量を抜き出したものです。
11_3.gif/image-size:521×285
  • ビュー"注文123"に取引先ID列は存在しないため失敗します。
  • 挿入しようとするデータの項目数がビュー"注文123"に含まれるカラム数よりも多いため失敗します。
  • 取引先の名称を保持しているカラムは、ビュー"注文123"で"取引先名"という名前で定義されているため失敗します。
  • 正しい。ビュー"注文123"には取引先名と数量列が存在するため問題なく実行できます。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop