データベーススペシャリスト 平成25年春期 午前U 問1

午前U 問1

UMLを用いて表した図のデータモデルの解釈として,適切なものはどれか。
01.gif/image-size:224×249
  • 1件の"在庫取引"データを記録する際,2件の"在庫品"データも更新する。
  • "在庫品"データは,現在の在庫数量だけでなく,過去の在庫数量も保持する。
  • 倉庫別,品目別に入出庫の状況を把握することはできない。
  • 品目の異なる"在庫品"データ間で"在庫取引"データを記録できる。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

  • 在庫品の多重度の下に記述されている"移動元"/"移動先"はクラスが担う役割でロールと呼ばれます。在庫取引から見た在庫品の多重度は1なので、1件の在庫取引につき"移動元"になる在庫品と"移動先"になる在庫品が1つずつ関連けられます。つまり1件の在庫取引で2つの在庫品が更新されます。
  • 在庫数量は倉庫コードと品目コードの組合せで特定される現在数量のみを保持します。
  • 在庫品は倉庫コードと品目コードの組合せで特定されます。在庫取引は移動元・移動先の在庫品と関連付けられるため入出庫の履歴を追跡できます。
  • 在庫取引に繋がっているノートに「制約:同一品目間の移動だけを許す」と記述されているため、異なる品目間の移動は許されません。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop