データベーススペシャリスト 平成22年春期 午前U 問6

午前U 問6

次の表を情報無損失分解したものはどれか。ここで,下線部は主キーを表す。

 発注伝票(注文番号商品番号,商品名,商品単価,注文数量)
  • 発注(注文番号,注文数量)
    商品(商品番号,商品名,商品単価)
  • 発注(注文番号,注文数量)
    商品(注文番号商品番号,商品名,商品単価)
  • 発注(注文番号商品番号,注文数量)
    商品(商品番号,商品名,商品単価)
  • 発注(注文番号商品番号,注文数量)
    商品(商品番号,商品名,商品単価,注文数量)

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

情報無損失分解とは、1つの表を複数に分解した際に、その分解された表同士を自然結合することで元表を過不足なく復元できる特性のことを言います。正規化の理論に則って行われる分解は全て無損失分解です。
  • 2つの表間でリレーションが貼られていないため自然結合することができず、元表を復元できません。
  • 元表では商品ごとの注文数量の情報がありましたが、2つの表を自然結合してもこの情報は得られません。
  • 正しい。第2正規化の手順に則り主キーの一部に関数従属する属性(商品番号→[商品名,商品単価])を別表に分離しています。商品番号を結合属性として2つの表を自然結合することで元表に復元可能です。
  • 2つの表を結合すると、注文数量列が2つ現れることになるため情報無損失分解ではありません。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop