データベーススペシャリスト 平成22年春期 午前U 問24

午前U 問24

共通フレーム2007のシステム方式設計において,"システム方式の評価"の際に考慮する項目はどれか。
  • システム要件との一貫性
  • 取得ニーズとの一貫性
  • ソフトウェア品目の要件との外部一貫性
  • 方式設計との外部一貫性

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » システム方式設計

正解

解説

システム方式設計は、システム要件を基にシステムの最上位レベルでの方式を確立し、システム要件をハードウェア構成品目、ソフトウェア構成品目及び手作業に割り振る工程です。
24.gif/image-size:358×210
共通フレームではシステム方式の評価において次の5項目の基準を考慮することとしています。
  • システム要件への追跡可能性
  • システム要件との一貫性
  • 使用する設計標準及び設計手法の適切性
  • 割り振られた要件を満たすソフトウェア品目の実現可能性
  • 運用及び保守の実現可能性
したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • "システム要件の評価"の際に考慮する項目です。
  • "ソフトウェア方式設計の評価"の際に考慮する項目です。
  • "ソフトウェア詳細設計の評価"の際に考慮する項目です。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop