データベーススペシャリスト 平成22年春期 午前U 問12

午前U 問12

次の関係R,S,T,Uにおいて,関係代数表現 R×S÷T−U の演算結果はどれか。ここで,×は直積,÷は商,−は差の演算を表す。
12.gif/image-size:444×208
  • [この問題の出題歴]
  • データベース H18春期 問23
  • データベース H24春期 問10

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

関係演算「直積」「差」「商」及び「和」「共通」はそれぞれ次のような操作です。
和(∪)
2つの関係を足し合わせた集合のうち、重複を除いたものを返す。和両立な関係同士のみ演算可能。
12_1.gif/image-size:454×167
差(−)
関係Rに含まれる行(タプル)のうち、関係Sに含まれる行を取り除いた集合を返す。和両立な関係同士に演算可能。
12_2.gif/image-size:454×110
共通(∩)
2つの関係に共通して含まれる行の集合を返す演算。和両立な関係同士に演算可能。
12_3.gif/image-size:454×110
直積(×)
関係Rの1つの行に対して関係Sのそれぞれの行を繋ぎ合わせた関係を返す。関係Rと関係Sの行・列数をそれぞれm行x列、n行y列とすると、直積演算(R×S)の結果に含まれる行数(関係の濃度)は「m×n」、列数は「m+n」になる。
12_4.gif/image-size:292×467
商(÷)
関係Rのうち関係Sの全ての項目を含む行の集合を返す演算。下の例で言えば、関係Rの注文番号のうち関係Sの商品ID(A1,B1)の両方をもつのは001と003なので、この2つの行が抽出される。
12_5.gif/image-size:319×186
設問の関係演算に戻ります。R×S÷T−U なので@直積→A商→B差の順番に演算していくと最終的に以下の結果が得られます。
12_6.gif/image-size:510×516
したがって「ア」が正解です。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop