データベーススペシャリスト 平成21年春期 午前U 問5

午前U 問5

関数従属を次のように表記するとき,属性a〜eで構成される関係を第3正規形にしたものはどれか。

〔属性間の従属関数〕
  • 属性Xの値が与えられると,属性Yの値を一意に決めることができる。
    05_1.gif/image-size:222×56
  • 属性Xと属性Yの二つの値が与えられると,属性Zの値を一意に決めることができる。
    05_2.gif/image-size:224×70
〔正規化する関係〕
05_3.gif/image-size:370×136

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

第3正規化では主キー以外の項目によって一意に決まる項目を別表に移します。設問の関係を見ると"b"から"c"が、"b"と"d"の組合せから"e"がそれぞれ一意に決まることがわかります。
05_4.gif/image-size:371×139
第3正規形とするためには外部キーとなる"b"及び"b"と"d"を残しつつ、関数従属関係"b"→"c"、及び"b"+"d"→"e"をそれぞれ別表に分離します。
05_5.gif/image-size:224×197
したがって正しい組合せは「エ」です。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop