データベーススペシャリスト 平成21年春期 午前U 問13

午前U 問13

DBMSの排他制御機能に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 排他制御機能によって,同時実行処理でのデータの整合性を保つことができる。
  • 排他制御機能の使用によって,デッドロックを防止できる。
  • 排他制御はDBMSが自動的に行い,アプリケーションプログラムからロック,アンロックの指示はできない。
  • バッチによる更新処理では排他制御を行う必要はない。

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

  • 正しい。排他制御により更新消失、不整合検索、ダーティリードなどの整合性異常を排除することができます。
  • ロックを伴う排他制御方式ではデッドロックが発生する可能性があります。
  • SQLのSELECT文にFOR UPDATE句を指定することでアプリケーション上から明示的にロックを指示することが可能です。かけたロックはCOMMIT又はROLLBACKでアンロックできます。(UPDATE文やDELETE文の実行時にはDBMSによって自動的にロックが指示されます)
  • バッチ処理でも複数のトランザクションが並列に実行される場合は排他制御を行う必要があります。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop