データベーススペシャリスト令和5年秋期 午前U 問14

問14

データベースのREDOのべき等(idempotent)の説明として、適切なものはどれか。
  • REDOによる障害回復の時間を短縮するために,あるルールに従って整合性の取れたデータを記録媒体に適宜反映すること
  • REDOを繰返し実行しても,正常終了するときには1回実行したときと同じデータの状態になること
  • 事前に取得していたバックアップデータを記録媒体に復旧し、そのデータに対してREDOを実行すること
  • トランザクションをコミットする前にREDOに必要な情報を書き出し,データの更新はその後で行うこと

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

べき等(Idempotent)とは、コンピュータサイエンスの世界で使われる言葉で、ある操作を1回実行しても複数回実行しても結果が同じになる性質です。主要なデータ操作SQL文のうち、SELECTと障害回復時のUNDO・REDOはべき等、INSERT・UPDATE・DELETEはべき等ではありません。

したがって「イ」の説明が適切です。
  • チェックポイント法の説明です。
  • 正しい。べき等(冪等)の説明です。
  • ロールフォワードの説明です。
  • WAL(Write Ahead Log)の説明です。
© 2016-2024 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop