データベーススペシャリスト令和5年秋期 午前T 問28

問28

スマートファクトリーで使用されるAIを用いたマシンビジョンの目的として,適切なものはどれか。
  • 作業者が装着したVRゴーグルに作業プロセスを表示することによって,作業効率を向上させる。
  • 従来の人間の目視検査を自動化し,検査効率を向上させる。
  • 需要予測を目的として,クラウドに蓄積した入出荷データを用いて機械学習を行い,生産数の最適化を行う。
  • 設計変更内容を,AIを用いて吟味して,製造現場に正確に伝達する。
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和5年秋期 問73と同題

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » 産業機器

正解

解説

マシンビジョンは、産業用機械に搭載されたカメラによって対象物を認識し、あらかじめ決められた処理を行うシステムです。工場で製造中の食品や機械の部品を画像として捉えて全自動で目視検査する、駐車場で車のナンバーをみて入出庫を管理するといった使われ方をしています。

マシンビジョンは、機械の目にあたるカメラ、カメラ信号をソフトウェアが処理できるようデジタル変換するフレームグラバー、光源、合否判定を行うAIなどのソフトウェアで構成されています。カメラを使って撮影したものをソフトウェアが受け取って合否判定を行い、結果が合格であれば検査を通過、不合格なら除外されるというのが一連の流れです。良品・不良品判定をはじめ、番号などの読み取りや傷や色の調査、大きさの測定、ゴミの分別などさまざまな目的で使用されています。人間の目視検査では細かい部分までわからずダメな部分を見逃す可能性があるのに対し、マシンビジョンなら高精度でミスのない判別が可能となります。

したがって「イ」が正解です。
© 2016-2024 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop