データベーススペシャリスト令和5年秋期 午前T 問20

問20

Y社は,受注管理システムを運用し,顧客に受注管理サービスを提供している。日数が30日,月曜日の回数が4回である月において,サービス提供条件を達成するために許容されるサービスの停止時間は最大何時間か。ここで,サービスの停止時間は,小数第1位を切り捨てるものとする。

〔サービス提供条件〕
  • サービスは,計画停止時間を除いて,毎日0時から24時まで提供する。
  • 計画停止は,毎週月曜日の0時から6時まで実施する。
  • サービスの可用性は99%以上とする。
  • 0
  • 6
  • 7
  • 13
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和5年秋期 問56と同題

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメントプロセス

正解

解説

サービス可用性は、全サービス時間時間のうちサービスを提供できた時間の割合で示されるので、次の式で求めることができます。この式のサービス時間とサービス停止時間には計画停止時間を含まないことがポイントです。

 サービス時間−サービス停止時間サービス時間×100

1カ月のサービス時間は「30日×24時間=720時間」から4回の計画停止時間を差し引いた「720時間−6時間×4=696時間」です。可用性99%を達成するためには、サービス停止時間を1%以下に抑えなければなりません。696時間の1%は6.96時間なので、小数第1位を切り捨てた「6時間」が正解です。
© 2016-2024 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop