データベーススペシャリスト令和3年秋期 午前T 問3

午前T 問3

バブルソートの説明として,適切なものはどれか。
  • ある間隔おきに取り出した要素から成る部分列をそれぞれ整列し,更に間隔を詰めて同様の操作を行い,間隔が1になるまでこれを繰り返す。
  • 中間的な基準値を決めて,それよりも大きな値を集めた区分と,小さな値を集めた区分に要素を振り分ける。次に,それぞれの区分の中で同様の操作を繰り返す。
  • 隣り合う要素を比較して,大小の順が逆であれば,それらの要素を入れ替えるという操作を繰り返す。
  • 未整列の部分を順序木にし,そこから最小値を取り出して整列済の部分に移す。この操作を繰り返して,未整列の部分を縮めていく。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和3年秋期 問5と同題

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

  • シェルソートの説明です。
  • クイックソートの説明です。
  • 正しい。バブルソート(単純交換法、隣接交換法)は、隣り合う要素同士との比較・交換を繰り返すことで整列を行うアルゴリズムです。
  • ヒープソートの説明です。
© 2016-2021 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop