データベーススペシャリスト令和2年秋期 午前T 問25

午前T 問25

クラウドサービスの利用手順を,"利用計画の策定","クラウド事業者の選定","クラウド事業者との契約締結","クラウド事業者の管理","サービスの利用終了"としたときに,"利用計画の策定"において,利用者が実施すべき事項はどれか。
  • クラウドサービスの利用目的,利用範囲,利用による期待効果を検討し,クラウドサービスに求める要件やクラウド事業者に求めるコントロール水準を定める。
  • クラウド事業者がSLAなどを適切に遵守しているかモニタリングし,また,自社で構築しているコントロールの有効性を確認し,改善の必要性を検討する。
  • クラウド事業者との間で調整不可となる諸事項については,自社による代替策を用意した上で,クラウド事業者との間でコントロール水準をSLAなどで合意する。
  • 複数あるクラウド事業者のサービス内容を比較検討し,自社が求める要件及びコントロール水準が充足できるかどうかを判定する。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和2年秋期 問64と同題

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » ソリューションビジネス

正解

解説

  • 正しい。クラウドサービスをどのように利用するかを決めているので、"利用計画の策定"で実施すべき事項とわかります。
  • SLAの締結後、クラウド事業者をモニタリングしているので、"クラウド事業者の管理"で実施すべき事項とわかります。
  • SLAを締結する段階なので、"クラウド事業者との契約締結"で実施すべき事項とわかります。
  • 複数のクラウド事業者のサービス内容を比較検討しているので、"クラウド事業者の選定"で実施すべき事項とわかります。
© 2016-2020 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop