データベーススペシャリスト令和2年秋期 午前T 問17

午前T 問17

アジャイル開発手法の説明のうち,スクラムのものはどれか。
  • コミュニケーション,シンプル,フィードバック,勇気,尊重の五つの価値を基礎とし,テスト駆動型開発,ペアプログラミング,リファクタリングなどのプラクティスを推奨する。
  • 推測(プロジェクト立上げ,適応的サイクル計画),協調(並行コンポーネント開発),学習(品質レビュー,最終QA/リリース)のライフサイクルをもつ。
  • プロダクトオーナなどの役割,スプリントレビューなどのイベント,プロダクトバックログなどの作成物,及びルールから成るソフトウェア開発のフレームワークである。
  • モデルの全体像を作成した上で,優先度を付けた詳細なフィーチャリストを作成し,フィーチャを単位として計画し,フィーチャ単位に設計と構築を繰り返す。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    令和2年秋期 問49と同題

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

スクラムは、アジャイル開発の方法論の1つで、開発プロジェクトを数週間程度の短期間ごとに区切り、その期間内に分析、設計、実装、テストの一連の活動を行い、一部分の機能を完成させるという作業を繰り返しながら、段階的に動作可能なシステムを作り上げるフレームワークです。スクラム開発では開発反復の単位を「スプリント」といいいます。

スクラムでは、スクラムチームを構成するプロダクトオーナ・開発チーム・スクラムマスターの役割、並びに5つのイベントと3つの作成物が定義されています。
am1/49.gif/image-size:513×194
  • XP(エクストリームプログラミング)の説明です。
  • ASD(Adaptive Software Development)の説明です。
  • 正しい。スクラムの説明です。
  • フィーチャ駆動開発(Feature Driven Development, FDD)の説明です。ユーザ機能駆動開発とも呼ばれます。
参考URL:スクラムガイド(PDF)
 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2017/2017-Scrum-Guide-Japanese.pdf
© 2016-2020 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop