データベーススペシャリスト 平成30年春期 午前T 問22

午前T 問22

マスタファイル管理に関するシステム監査項目のうち,可用性に該当するものはどれか。
  • マスタファイルが置かれているサーバを二重化し,耐障害性の向上を図っていること
  • マスタファイルのデータを複数件まとめて検索・加工するための機能が,システムに盛り込まれていること
  • マスタファイルのメンテナンスは,特権アカウントを付与された者だけに許されていること
  • マスタファイルへのデータ入力チェック機能が,システムに盛り込まれていること
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者
    平成30年春期 問60と同題

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

可用性(Availability)とは、情報セキュリティマネジメントの概念の一要素で、障害が発生しても安定したサービスを提供でき、ユーザが必要な時にシステムを利用可能である特性を示します。可用性は、ハードウェアやソフトウェアの障害を未然に防ぐ施策の実施や、修理時間の短縮、機器の冗長化を行うことで高まります。
  • 正しい。障害が起きてもサービスの提供を維持できるような対策が実施されているかどうかが、可用性の監査項目になります。
  • 効率性に該当する項目です。
  • 機密性に該当する項目です。
  • 完全性に該当する項目です。
© 2016-2018 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop