データベーススペシャリスト 平成29年春期 午前U 問4

午前U 問4

関係R(A,B,C,D,E)において,
 関数従属 {A,B}→C,{B,C}→D,D→{A,E}
が成立する。これらから決定できるRの候補キーを全て挙げたものはどれか。
  • {A,B,C}
  • {A,B},{B,C}
  • {A,B},{B,C},{B,D}
  • {B,C},{C,D}

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

候補キー(candidate key)とは、ある関係の1つの組を一意に決定できる属性、又は属性の組合せで極小のものです。極小とはある組を一意に決定するため必要な属性以外が含まれていない様子を示します。

関係Rに存在する関係従属を図示すると次のようになります。
04_1.gif/image-size:124×139
  • {A,B}だけで全ての属性が一意に決まるためCは冗長属性です。
  • {B,D}が不足しています。
  • 正しい。すべての組合せが極小であり、かつ、1つの組を一意に特定できます。
  • {C,D}だけではBを特定できないので候補キーとして不適切です。
04_2.gif/image-size:291×366
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop