データベーススペシャリスト 平成25年春期 午前U 問7

午前U 問7

SQLにおけるドメインに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 基底表を定義するには,ドメインの定義が必須である。
  • ドメインの定義にはCREATE文,削除にはDROP文を用いる。
  • ドメインの定義は,それを参照する基底表内に複製される。
  • ドメイン名は,データベースの中で一意である必要はない。

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

関係データベースにおけるドメイン(Domain,定義域)とは、「ある属性がとり得る値の集合」のことで属性がもつデータ型と同じ意味です。基本となる整数,文字列,日付等のデータ型以外にも、CREATE DOMAIN文を用いて列挙値(性別:"男","女")や、非負の整数(N≧0)などの独自の定義域を設定できます。
  • あらかじめ用意された基本データ型だけで基底表を定義できます。またCREATE TABLE文の中で列制約を設けることによって、属性(列)がとり得る値を限定することも可能です。
  • 正しい。ドメイン定義はCREATE DOMAIN文、削除にはDROP DOMAIN文を使用します。
  • ドメイン定義は、スキーマ定義などとともにデータディクショナリナリ(DD)に格納されています。データディクショナリは各データベースに1つだけ存在します。
  • ドメイン名は各データベースの中で一意である必要があります。
© 2016-2019 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop