データベーススペシャリスト令和5年秋期 午前U 問3

問3

概念データモデルの説明として,最も適切なものはどれか。
  • 階層モデル,ネットワークモデル,関係モデルがある。
  • 業務プロセスを抽象化して表現したものである。
  • 集中型DBMSを導入するか,分散型DBMSを導入するかによって内容が変わる。
  • 対象世界の情報構造を抽象化して表現したものである。
  • [出題歴]
  • データベース H15春期 問2
  • データベース H20春期 問21
  • データベース H26春期 問1

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

概念データモデルは、データベース化の対象となる実世界のデータ構造とその制約を表したモデルです。概念データモデルは、システムやデータベースの設計段階で作成され、通常、E-R図を使用して視覚的に表現されます。

概念データモデルの設計は、論理データモデルの設計に先立って行われます。概念データモデルを「関係モデル」「ネットワークモデル」「階層モデル」「オブジェクト指向モデル」などの形式で記述したものが論理データモデルです。さらに、論理データモデルをコンピュータ上に実装できるように変換したものが物理データモデルです。
03.gif/image-size:401×115
  • 論理データモデルの説明です。
  • 概念データモデルは、プロセスではなくデータ構造と制約を表現したものです。
  • 物理データモデルの説明です。概念データモデルはコンピュータ上の実装(格納形式など)から独立しています。
  • 正しい。概念データモデルの説明です。
© 2016-2024 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop