データベーススペシャリスト令和4年秋期 午前T 問14

午前T 問14

WAFによる防御が有効な攻撃として,最も適切なものはどれか。
  • DNSサーバに対するDNSキャッシュポイズニング
  • REST APIサービスに対するAPIの脆弱性を狙った攻撃
  • SMTPサーバの第三者不正中継の脆弱性を悪用したフィッシングメールの配信
  • 電子メールサービスに対する電子メール爆弾
  • [出典]
  • 応用情報技術者
    令和4年秋期 問42と同題

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

WAF(Web Application Firewall)は、通過するパケットのIPアドレスやポート番号だけでなくペイロード部(データ部分)をチェックすることで、Webアプリケーションに対する攻撃を検知し、遮断することが可能なファイアウォールです。例えば、WebブラウザからのリクエストにSQL文の断片が含まれていたら、SQLインジェクションの可能性があるとして遮断するなどです。

WAFにより防御できるのは、Webアプリケーションだけです。Webアプリケーションとは、HTTP(S)通信の仕組みを使いWebブラウザとWebサーバのやり取りによって機能を提供するアプリケーションなので、選択肢の中ではREST APIが正解となります。

※REST API … HTTP(S)を使ったAPIの設計モデル
© 2016-2022 データベーススペシャリストドットコム All Rights Reserved.

Pagetop