平成31年春期試験午前問題 午前Ⅰ 問5

午前Ⅰ 問5解説へ
あるクライアントサーバシステムにおいて,クライアントから要求された1件の検索を処理するために,サーバで平均100万命令が実行される。1件の検索につき,ネットワーク内で転送されるデータは平均 2×105 バイトである。このサーバの性能は100MIPSであり,ネットワークの転送速度は 8×107 ビット/秒である。このシステムにおいて,1秒間に処理できる検索要求は何件か。ここで,処理できる件数は,サーバとネットワークの処理能力だけで決まるものとする。また,1バイトは8ビットとする。

  • 50
  • 100
  • 200
  • 400
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
サーバの処理能力とネットワークの処理能力に切り分けて考えます。

[サーバの処理能力]
1件の検索につき平均100万命令が実行され、サーバの処理能力は100MIPSである

1MIPSは1秒間に100万回命令を実行できるということなので、100MIPSのサーバでは1秒間に100件の検索要求を処理可能です。

[ネットワークの処理能力]
1件の検索につき平均2×105バイトが転送され、ネットワークの転送速度は8×107ビットである

2×105バイトのデータを、8×107ビット/秒=1×107バイト/秒のネットワークで転送するとき、1秒間に転送できる件数は、

 1×107÷2×105=102÷2=50件/秒
(100×105÷2×105と指数部を揃えた方が計算が容易かもしれません)

1秒間に50件分のデータ転送が可能とわかります。

上記の条件を整理すると、サーバでは1秒間に100件の検索要求を処理できますが、このネットワークの転送速度では1秒間に最大50件分のデータしか転送することができません。したがって、本システムが1秒間に処理できる検索要求の最大件数は50件となります。

Pagetop