平成24年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問1

午前Ⅱ 問1解説へ
データベースの3層スキーマアーキテクチャに関する記述として,適切なものはどれか。

  • 概念スキーマは,内部スキーマと外部スキーマの間に位置し,エンティティやデータ項目相互の関係に関する情報をもつ。
  • 外部スキーマは,概念スキーマをコンピュータ上に具体的に実現させるための記述であり,データベースに対して,ただ一つ存在する。
  • サブスキーマは,複数のデータベースを結合した内部スキーマの一部を表す。
  • 内部スキーマは,個々のプログラム又はユーザの立場から見たデータベースの記述である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース方式
3層スキーマアーキテクチャは、概念スキーマ、外部スキーマ、内部スキーマ の3つのグループに分けてデータ定義を行うデータベースモデルで、物理的・論理的データの独立性を達成するためにDBMSがサポートすべきアーキテクチャとしてANSI/SPARCより提案されたものです。
概念スキーマ
データベース化対象の業務とデータの内容を論理的なデータモデルとして表現したもの。概念スキーマを記述するために記号系にはリレーショナルデータモデルの他にも、ネットワークデータモデル、階層型データモデルなどがある。リレーショナルデータモデルでは表の正規化やCREATE TABLEによる表定義が概念スキーマに相当する。
外部スキーマ
概念スキーマで定義されたデータモデル上に利用者ごとの目的に応じた見方を表現したもの。リレーショナルデータモデルのビューやネットワークデータモデルのサブスキーマが外部スキーマに相当する。
内部スキーマ
概念スキーマで定義されたデータモデルを記憶装置上にどのような形式で格納するかを表現したもの。ファイル編成やインデックスの設定などが内部スキーマに相当する。
01.gif
  • 正しい。
  • 記述は内部スキーマを説明したものです。
  • サブスキーマは外部スキーマの別名です。
  • 記述は外部スキーマを説明したものです。

この問題の出題歴


Pagetop