令和3年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問11

午前Ⅱ 問11解説へ
関係R,Sに次の演算を行うとき,RとSが和両立である必要のないものはどれか。

  • 共通集合
  • 差集合
  • 直積
  • 和集合
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データ操作
和両立(union compatible)とは、2つの関係において、次数(属性数/列数)が等しく、対応する属性同士のドメイン(値の型・範囲)が等しく、2つの関係の型が適合している様子をいいます。次の例は和両立である2つの関係です。
11.gif
関係モデルにおける集合演算のうち和・差・共通は、2つの関係が和両立であることが前提となっています。

したがって、和両立である必要のない演算は「直積」です。直積演算は、(A, B)と(C, D)という2つの関係があったときに、全ての属性を繋ぎ合わせた(A, B, C, D)というタプル(行)を得る演算ですから、和両立である必要はないわけです。

Pagetop