令和2年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問13

午前Ⅱ 問13解説へ
ハッシュ方式によるデータ格納方法の説明はどれか。

  • レコードの特定のデータ項目の値が論理的に関連したレコードを,同一ブロック又はできる限り隣接したブロックに格納する。
  • レコードの特定のデータ項目の値に対応した子レコード同士を,ポインタで鎖状に連結して格納する。
  • レコードの特定のデータ項目の値の順序を保持して,中間ノードとリーフノードの平衡木構造のブロックを作り,リーフブロックにレコード格納位置へのポインタを格納する。
  • レコードの特定のデータ項目の値を引数とした関数の結果に従って決められたレコード格納場所に格納する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース設計
  • キー値により順番にデータを格納する方式の説明だと考えられます。
  • 挿入された順番でデータを格納し(ヒープ編成)、ポイントによる連結を行う方式の説明だと考えられます。
  • B+木を用いたデータ格納方式の説明です。
  • 正しい。ハッシュ方式によるデータ格納方法は、レコードの特定のデータ項目の値をハッシュ関数に引数として与え、ハッシュ関数の結果をデータの格納場所として使う方法です。

Pagetop