平成30年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問1

午前Ⅱ 問1解説へ
SQLにおけるBLOBデータ型の説明として,適切なものはどれか。

  • 全ての比較演算子を使用できる。
  • 大量のバイナリデータを格納できる。
  • 列値でソートできる。
  • 列値内を文字列検索できる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データ操作
容量の大きなデータをデータベースの列値として格納するために「BLOB型」と「TEXT型」というデータ型が用意されています。
BLOB型
大量のバイナリデータ(バイト列)を格納する
TEXT型
大量の文字列データを格納する
BLOB型にはメディアファイル、プログラムモジュール、音声データなどが格納されます。いずれのデータもバイナリ形式なので列値を用いて比較・ソートしても意味のある結果とはなりません。
  • BLOB型は等号(=)比較のみできます。
  • 正しい。BLOB型は大量のバイナリデータを格納するためのデータ型です。
  • 列値でのソートはできません。
  • 列値の文字列検索はできません。

Pagetop