平成29年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問22

午前Ⅱ 問22解説へ
メモリアクセスの信頼性を高めるための方式で,データ誤りの自動訂正が可能なものはどれか。

  • ECC
  • RSA
  • チェックサム
  • パリティ
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:メモリ
ECC(Error Check and Correct)は、誤り訂正符号としてハミング符号や垂直水平パリティを用いることで、記録内容に発生した誤りを検知・自動訂正できる誤り制御方式です。また、この機能を搭載したメモリをECCメモリといいます。
通常のメモリでも誤り発生回数は5回/年程度に抑えられているので、家庭用や一般ビジネス向けではほぼ必要ありません。ECCメモリが必要なケースと言えるのは信頼性が極めて重要となるシステムです。例えば、長時間にわたりミスの許されない計算が求められ、誤りの発生が重大な事態に繋がりかねない学術的分野のシステムなどが挙げられます。
  • 正しい。
  • RSAは公開鍵暗号方式の1つであり、誤り訂正機能は持ちません。
  • チェックサム(Check Sum)は、元データの合計値を検査用として付加し、誤りが発生しているかを検査する方式ですが、誤り訂正機能は持ちません。
  • パリティは、送信するデータの一定長のビット列に1ビットの検査ビットを付加し、受信側では受信データとパリティビットを照合することで誤りを検出する方式です。

Pagetop