平成29年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問14

午前Ⅱ 問14解説へ
データベース更新における2相コミットに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 2相コミットは,トランザクションの処理途中のデータを他のトランザクションから参照できなくする制御方式のことである。
  • 2相コミットを行うためには,同時に更新しようとする分散データベースの全てが更新可能かどうかを判断するためのやり取りが必要である。
  • 2相コミットを採用している場合,ロールバックは発生しない。
  • 2相コミットを使えば,通信異常が発生しても,トランザクションをコミットさせることができる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:トランザクション処理
  • 記述は排他制御の説明です。2相コミットは、トランザクションのコミットを2つのフェーズに分けて行うことで、分散データベース環境での原子性・一貫性を保証する仕組みです。
  • 正しい。副サイトに割り振られた全てのトランザクションがコミットできる状態に達すると、調停者(主サイト)は全参加者(副サイト)にコミット可否を問合せます。そして全ての参加者からコミット可を受け取った場合のみコミットを実行します。
  • 1人以上の参加者からコミット不可の返事を受け取った場合や、通信がタイムアウトした場合、トランザクションはロールバックされます。
  • 通信がタイムアウトした場合はロールバックされます。

この問題の出題歴


Pagetop