平成23年特別試験午前問題 午前Ⅱ 問22

午前Ⅱ 問22解説へ
SAN(Storage Area Network)で用いられるインタフェースの記述として,適切なものはどれか。

  • FC(Fibre Channel)でサーバとストレージとを接続する場合は,ループ接続にしなければならない。
  • iSCSIを用いればIPネットワーク上でSCSIコマンドが利用可能となり,FCを用いずにサーバとストレージとを接続できる。
  • NASを用いれば,サーバから共有ストレージをブロックアクセスできる。
  • SCSIとFCとを用いれば,異なるOSのサーバがストレージ上のファイルを直接共有できる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
SAN(Storage Area Network)は、ハードディスク装置や磁気テープ装置などのストレージと、サーバなどのコンピュータを、ファイバチャネルやシリアルSCSIプロトコルを用いて接続したストレージネットワークです。FCネットワークを使用したFC-SANと、TCP/IPネットワークを使用したIP-SANがあります。
22.gif
  • ファイバチャネルにおける接続形態はループ接続の他にも、サーバとストレージを1対1で接続する「ポイントツーポイント型」FCスイッチを経由してn対n接続を行う「ファブリック型」が選択できます。
  • 正しい。iSCSI(Internet SCSI)は、SCSIプロトコルをTCP/IPネットワーク上で使用するための規格です。これによりイーサネットを用いたIPネットワークにブロックデータの入出力が可能な共有ストレージ環境を構築できます。
  • NAS(Network Attached Storage)は、TCP/IPのコンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバです。NASでのアクセスはファイル単位です。
  • OSが異なるサーバがストレージを共有すると互いのファイルシステムに干渉しデータを損壊する恐れがあります。このためFC-SANではゾーイングによってサーバごとにアクセス可能なストレージを制限することができます。

Pagetop