平成23年特別試験午前問題 午前Ⅱ 問18

午前Ⅱ 問18解説へ
OLAP(OnLine Analytical Processing)の操作に関する説明のうち,適切なものはどれか。

  • 集計単位をより大きくする操作をロールアップという。
  • 集計単位をより小さくする操作をスライスアンドダイスという。
  • 分析軸を入れ替えずにデータの切り口を変えることをダイシングという。
  • 分析軸を入れ替えてデータの切り口を変えることをスライシングという。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース応用
多次元データベース分析を行うOLAPの操作には以下のような種類があります。
スライシング
多次元データベース内の集計項目の中で縦軸と横軸を指定し、2次元の表を得る操作
ダイシング
現在参照している情報の縦軸・横軸を切り替え、別の視点から見た表を得る操作
ドリルダウン
集計単位を小さく(細かく)し詳細に展開する操作(年→月、都道府県→市町村など)。情報をドリルで掘り下げていくイメージ。
ロールアップ(ドリルアップ)
集計単位を大きくし集計する操作(月→年、市町村→都道府県など)。細かな情報を包んでひと括りにするイメージ。
  • 正しい。ロールアップは集計単位を大きくする操作です。
  • ドリルダウンの説明です。
  • スライシングの説明です。
  • ダイシングの説明です。

Pagetop