平成21年春期試験午前問題 午前Ⅱ 問21

午前Ⅱ 問21解説へ
あるトランザクションの応答時間は,サーバ処理時間100ミリ秒,総回線伝送時間400ミリ秒及び端末処理時間500ミリ秒の合計から成る。この応答時間を最も短縮させる対策はどれか。ここで,オーバヘッドは無視するものとする。

  • サーバ処理時間を40%と総回線伝送時間を10%改善する。
  • サーバ処理時間を80%改善する。
  • 総回線伝送時間を20%改善する。
  • 端末処理時間を20%改善する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
現状の応答時間の合計は、
  • サーバ処理時間100ミリ秒
  • 総回線伝送時間400ミリ秒
  • 端末処理時間500ミリ秒
以上で1000ミリ秒です。

それぞれの対策を実施した場合の応答時間を再計算します。
  • 100×0.6+400×0.9+500=920
  • 100×0.2+400+500=920
  • 100+400×0.8+500=920
  • 100+400+500×0.8=900
以上より、最も応答時間が短くなる対策は「端末処理時間を20%改善する」になります。したがって正解は「エ」です。

Pagetop