令和2年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問16

午前Ⅱ 問16解説へ
NoSQLのうち,データ構造はキーに対して一つの値をもつデータモデルであり,データ間は疎結合で分散して配置しやすい特徴をもつものはどれか。

  • キーバリューストア
  • グラフデータベース
  • 文書データストア
  • ワイドカラムデータストア
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース応用
キーバリューストア(KVS)型データベースは、NoSQLで用いられるデータ型の1つです。プログラミングで使用される連想配列のように、1つのキーに1つの値を結びつけてデータを格納します。構造が単純な分、スケーラビリティや処理速度に優れるためビッグデータの処理に使われています。
16_1.gif
上記の例だと、キー「FE」と指定するとそれに対応した値「基本情報」を取り出すことができます。各データは明らかに他のデータから独立しており、疎結合です。
  • 正しい。キーバリューストアはキーとそのキーに対応する1つの値という単純な構造で、データを保持する方式です。
  • グラフデータベースは、各レコードが他のレコードへの関係性を持つようなデータを格納します。各データは独立しておらず、密結合です。
    16_2.gif
  • 文書データストアでは、キーバリューストアと同様にデータをキーと値の単位で格納しますが、1つのキーに対する値は複数の場合があります。
  • ワイドカラムデータストアでは、キーバリューストアと同様にデータをキーと値の単位で格納しますが、1つのキーに対する値は複数の場合があります。

Pagetop