令和2年秋期試験午前問題 午前Ⅱ 問1

午前Ⅱ 問1解説へ
図のデータベース1,2は互いのデータの複製をもつ冗長構成である。クライアントからの更新・参照要求を受けたデータベースサーバ(以下,サーバという)は直下のデータベースを更新・参照し,他方のサーバにデータ更新を通知する。通知を受けたサーバは直下のデータベースに更新を反映する。
サーバ1,2間のネットワークが分断し,データ更新を通知できなくなったとき,CAP定理で重視する特性(C,A,P)に対するサーバの挙動のうち,適切な組合せはどれか。
01.gif

01a.gif
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース応用
CAP定理は、分散処理システムにおいては、一貫性・可用性・分断耐性の3つの特性のうち、最大でも同時に2つまでしか満たすことができないとする定理です。
一貫性(Consistency)
データの整合性が常に保たれていること
可用性(Availability)
利用したいときに求める分だけ利用できること
分断耐性(Partition Tolerance)
データを複数のサーバに分散して保管していること
一貫性(C)と分断耐性(P)を重視する場合には、可用性(A)が犠牲になります。ネットワークが分断されたときにデータの整合性を保つためには、サーバを片方だけ稼働するようしてデータを1箇所に集めます。
可用性(A)と分断耐性(P)を重視する場合には、一貫性(C)が犠牲になります。ネットワークが分断されたときにサーバの稼働率を高めるために二重化します。つまり、両方のサーバを稼働させ、サーバ停止の可能性を減らします。

したがって、答えはそれぞれの組み合わせである「イ」です。

Pagetop