試験の概要

1.データベーススぺシャリストの位置付け

国家試験である情報処理技術者試験の試験区分の一つです。共通キャリア・スキルフレームワークでレベル4に位置付けられITエンジニアとして応用的な知識・技能を有することを証明します。 企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築して、顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供するデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す方に最適です。

データベース関連資格としてはベンダー資格であるオラクル社のオラクルマスターと並び代表的存在で年間約1万5千人が受験しています。しかし出題される問題は生半可の知識では全く歯が立たないほど高難易度で、合格率は15~17%程度と低くなっています。

試験区分一覧

2.受験資格や年齢制限はない

データベーススぺシャリストに限らず、情報処理技術者試験は受験者に関する制限がありません。学歴や年齢を問わずどなたでも挑戦できる国家試験です。

3.受験料

7,500円(税込)です。振込み手数料や郵送料は各自の負担となります。また領収書は受験票に同封されてきます。

4.受験の日程

試験は年1回の開催です。例年ですと10月の第2日曜日に試験が実施されます。
申込期間は、7月中旬から8月下旬までの1ヶ月間となっています。

試験の実施時期

5.合格発表

合格発表は12月下旬で試験日のおよそ2カ月後になります。当日の正午にIPAのサイト上で公開されると共に後に官報にも掲載されます。
午後試験の解答が記述式であるため模範解答の公開及び合格発表には多少の時間が掛かるようです。因みに合格証書の発送は合格発表から1週間後くらいです。

6.試験会場

全国主要62都市で開催されます。

北海道
札幌、帯広、旭川、函館、北見
東北
青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山
関東
水戸、つくば、宇都宮、前橋、埼玉、千葉、柏、東京、八王子、横浜、藤沢、厚木
中部
新潟、長岡、長野、甲府、静岡、浜松、豊橋、名古屋、岐阜、富山、金沢、福井
近畿
四日市、滋賀、京都、大阪、奈良、神戸、姫路、和歌山
中国
鳥取、松江、岡山、福山、広島、山口
四国
徳島、高松、松山、高知
九州
北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇

7.申込み方法

定められた申し込み期間内に「IPA 情報処理推進機構」ホームページよりインターネット経由で申し込みができます。その他願書を郵送するなどの方法もありますが、インターネットでの申し込みが便利です。
願書はIPAの本部と各支部、および全国の主な書店に置いてあります。

申し込んだのに受験票がなかなか届かないと心配になる人もいますが、受験票は試験月の初旬に発送されます

8.主催団体・問合せ先

独立行政法人『情報処理推進機構』
〒113-8663
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階

ホームページ:https://www.jitec.ipa.go.jp/
問い合わせ先:https://www.jitec.ipa.go.jp/_jitecinquiry.html


Pagetop